夜の営みでの中折れを防ぐ意外な方法

夜の営みでの中折れを防ぐ意外な方法

夜の営みにおいては、持久力が勝負であるといえます。
しかし、年齢が上がっていくとなかなか長い時間戦闘態勢の状態を保つ事ができず、いわゆる中折れをしてしまったりする事もあります。

 

 

体力の衰えによって、このような事が起こってしまうのはやむを得ないことではありますが、場合によっては女性の側も傷ついてしまうこのようなことはできるだけ避けたいですよね。
そこで、ちょっとした注意を払うだけで持久力がアップする、意外な方法をご紹介します。

 

それは、「夜の営みの前には、できるだけ食べものや飲み物を体の中に入れないこと」。

 

 

精をつけるためには、どちらかというとむしろたくさんスタミナのつくものを食べ、精力に抜群に効果のあるドリンク類を飲んだりして精力を高めるイメージが強いと思います。
もちろん、そのような方法を使って精力を高める方も多いですし、人によってはそれが一番の効果をもたらすことでしょう。

 

 

しかし、人によってはその逆の方法を使った方が、信じられないほど精力がつく事があります。

 

 

私はどちらかというと普段からスタミナのつくものばかりを食べています。
こう言うと聞こえがいいですが、単にお肉などの脂っこいものが好きなおデブちゃんです。

 

 

私のように普段からたくさん物を食べていて、さらに運動もあまりしていないような人が、精力をつけようと何かをたくさん食べようとすると、下手をすると低血糖症(食後血糖値が急激に上がり、さらにその反動で急激に下がり、気力が無くなったり強い眠気が襲ってくる症状)が起きたりして、逆に精力にも悪影響が出てきてしまいます。

 

 

私のような、くいしんぼうのおデブちゃん体質の方は、どちらかというと空腹の時の方がエネルギーに溢れているようです。

 

 

また、空腹という状態により、体が死に近いと察知して、死ぬ前に子孫を残さないといけないということで生殖力がアップする、という説もあります。
かなりの空腹時に中折れ知らずになることは何度か経験していますので、気になる方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。