早漏でお悩みの方にありがちな3つの習慣や特徴

早漏でお悩みの方にありがちな3つの習慣や特徴

男性のお悩みの代表的な物の一つといえばすぐに達してしまう症状つまりは早漏です。

 

悩む方には何故自分が?と疑問に思うかもしれませんがきっと理由があると思います。
ここからは私の知ります早漏の方に多い3つの習慣を纏めていきます。

 

自慰の仕方

 

誰でも自慰をする時はあると思いますがこの時の方法によっては早漏になる危険があります。

 

しごくだけや単調な行為は危険です気持ちがいいからと同じ方法(特に刺激だけを求める)を取り続けてしまうと自然と脳が学習しすぐに快楽を得るために早漏になってしまいます。それを防ぐには色々な動きや部位も使うようにしましょう。
あまりに自慰で早漏を進めてしまうと実際の行為では気持ちよくなれないやまともに行為ができない等の弊害も出ることがありますので注意しましょう。

 

我慢ができない

 

 

自慰でも行為中でも気持ちが先走りすぐに終えてしまうこともよくありません達しそうになったら我慢できるように自分をコントロールできるようにしましょう。

 

 

気持ちを落ち着ける 動きを変える 一旦止めてみる等自分なりの我慢方法を見つけてみて下さい。この症状も進みすぎますと早漏の原因となります。改善方法としましては自分で我慢の練習をする(達しそうになったら出ないように我慢 少し休みを繰り返す)

 

PC筋を鍛える(肛門に力を入れ思い切り閉じる状態を5秒続け力を抜く これを6回で1セット程 1日で3〜4回 慣れたら秒数や回数を増やす)等試してみましょう。

 

包茎である

  

 

これはよく言われる理由ですが別に皮が多いのがいけないというよりはそれにより先端部分を未熟なままにするのがいけない理由です。

 

やはり人間はある程度は鍛えることにより刺激に対して脳が耐性を持ちますので言い換えれば逆もまた然りです。先端部分もきちんと刺激に慣れさせたり潤滑剤等を用いて自慰の際に先端を中心にして行うのも良いでしょう。

 

ここまでが主に早漏の方に多い習慣や特徴となります。

 

これだけは言いたいですが早漏は決して治らないものではありません大事なのは根気よく続けることです。